からだ不思議箱

体を使うってどういうことなんだろう?何だか果てしのない不思議の様に感じます。 体の動かし方から、心と体の関係まで、思いついたことを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3月3日の茗荷谷身体ワークショップのレポートです。

3月3日、桃の節句の講座となりました、お天気で気持ちの良い一日でした。

なぜかスロースタートとなったこの日、
まずはロープを使って縄とび講座を。
なんと先生から「縄跳びは本来は飛ばなくていいものなんですよ」と衝撃の一言が!

足で飛ぶと言うよりも手首との連動で動き出すようにするとよいそうです、
ここでも注意点としては手首に遊びが出ない様に。
この日は挑戦できませんでしたが
私の人生の中で、生まれて初めての2重跳びが出来る日が来るかもしれません…

そして物の持ち方について。
今回はペットボトルを使った手の動かし方のポイントも教わりました。
物を取りに行く時、押さえられた時に手の動きが止まってしまうのは
押さえられたからというよりも、手の動かし方が変わってしまうからなんですね。

何かに触るようにではなく、持って帰るように。
普段と同じように取りに行くと、押さえられたこととは関係なしに手は動いていくのです。
「じゃあ、悪意を持って押さえてみた場合はどうかしら?」と各々の追及が進みました、
講座の皆さんも研究熱心です(^-^)♪

先生のお手本(?)の動作を体験した方は皆さん驚かれますね。
今回の講座でも「なにこれ、分かんない!」という声が上がりましたが、本当にそうなんです!
この面白さ、不思議な感覚、一度味わって頂きたいです…

さて、最後はまたロープを使って。
今度はお互いに引き合ってみます。
ポイントはやはり持ち方、滑らない様に持つのが大事です。

滑ってしまう場合には「もう少しだけ強く持ってみて下さいね」と先生は言われるのですが
これが握ってしまうのとはまた違うので悩みどころです。
ただこれが出来た時の驚きの強さ、そして出来てない時の驚きの弱さは一目瞭然!
本当に笑ってしまいます。

指先が自由になっている時は人はしっかり安定するのだそうです、
「強く!」と思って握りしめた瞬間にバランスを崩してしまいます。
意識していない力の方が意識している力よりも大きいと最後に教えて頂きました。
手ごたえがない方が大きい力を出せる、
それがしみじみと感じられる講座だったと思います。

皆さん今回も、ありがとうございました!


持つことについて2012/3/3
「取る」という動作は「取って持ってくる」で一つの動きなのですね。

ひっぱる安定2012/3/3
滑らない様にして持っている時にはロープは安定していても…

ひっぱる不安定2012/3/3
握り締めた瞬間に崩れてしまいます!指先って不思議です。

スポンサーサイト
[ 2012/03/14 15:34 ] 稽古会レポート | TB(0) | CM(0)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

トモ

Author:トモ
全く運動をせずに数十年。
いきなり始めた古武術で身体の面白さに目覚めました。
体を動かすことが色々な楽しさに通じる気がして、鈍った体を鍛え中。
その他、毛繕いの会@東京の幹事もしております。
どうぞよろしくお願いいたします!

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。