からだ不思議箱

体を使うってどういうことなんだろう?何だか果てしのない不思議の様に感じます。 体の動かし方から、心と体の関係まで、思いついたことを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

11月6日の茗荷谷身体ワークショップのレポートです。

11月6日、茗荷谷ワークショップ第3回目のご報告です。
初めての夜の部になりましたが、今回もたくさんの方に来て頂きました。

今回のワークショップも引き続き「体話会」です。
どんな質問が出るか、一番楽しみにしているのは私管理人だったり致します(笑)

まずは指先から動いていく動き。
緊張したり焦ったりするとどうしても肩や腰から動いてしまいます。
手を鷲摑みの形にして…指先から動くことで体がまとまって動くのだそうです。

そして今度は足の方です、土踏まずを少し意識して立っているだけで押しても引いても丈夫です。
でも今度は強く意識するとなぜかまた崩れてしまいます。これは体験すると本当に違いが分かります。

ここで一つ目の質問です、サッカーをされている方から
「サッカーの試合中に相手に当たっている時に自分が飛ばされてしまうのですが、どうしたら防げますか?」
先生のポイントは足でした、体(肩?)からではなくて足だけで移動してみる。
そうしてみると確かにしっかりします。

では、ということで下半身を安定させる方法を皆でしてみました。
スクワットをする感じなのですが、注目点は膝の位置、膝の位置が前に行きすぎない様にしゃがみます。
上手に座っていくことが出来るとしゃがんでる最中に横から押されてもビクともしません!
コツは椅子に座るようにするといいですよ、とのことでした。

次はほら貝を吹く方から負担のないほら貝の吹き方についてのご質問でした。
ほら貝を吹くときは構えの関係で少し体に負担が出てしまうそうなのです。
そこでは膝の位置についての説明がありました、前回も説明があった体ごと動く位置へと少しずらします。
数センチの差なのですが、安定されたようです。不思議ですよね…

そして次に「顔の表情が動きに影響を及ぼすことはありますか?」
というご質問がありました。
そうですね…と、顔から体を変えることはちょっと違うと思います。と言う先生のお答えに
「では、今から批判を聞かなければならないという時には、足の土踏まずの位置を気にすることなどは関係していますか?」と質問も膨らんでいきました。

では緊張のある時にはと、その時の対処法を教えて頂きました。
まず肘を楽に、肩を楽にして、指先で何かに触れるようにすると上半身の緊張も解けやすくなるそうです。
それでも緊張する時は足の土踏まずを注目すること、緊張を解いて対応することを教えて頂きました。

体が一つにまとまっている時は、緊張や不安感からも離れられるのかもしれないですね。
しっかり一つにまとまった状態をずっと保てることが出来ればなあと思ってしまいました。
皆様、今回もありがとうございました!


足を安定させた時の安定感、色々と試してみました。
足を安定させた時のバランス

肩からではなく、指先から動く力は大きいですね。
肩からではなくて指先から動く力は大きいです。

足元を安定させることで相手の力が侵入してきませんでした!
足元を安定させると力を侵入させません

スポンサーサイト
[ 2011/11/22 00:48 ] 稽古会レポート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

トモ

Author:トモ
全く運動をせずに数十年。
いきなり始めた古武術で身体の面白さに目覚めました。
体を動かすことが色々な楽しさに通じる気がして、鈍った体を鍛え中。
その他、毛繕いの会@東京の幹事もしております。
どうぞよろしくお願いいたします!

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。