からだ不思議箱

体を使うってどういうことなんだろう?何だか果てしのない不思議の様に感じます。 体の動かし方から、心と体の関係まで、思いついたことを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1月27日の茗荷谷身体ワークショップのレポートです。

お待たせしました!
2013年の初講座、1月27日のワークショップのレポートです。

まずは指先の説明から。
指先とは、初めて見るものに触れる時や、指で何かを書く時に当たる場所。
そこが指先なのです。今回も指先からの動きに注目してみたいと思います。

指先の図です、足の指先も同様となります。

まず、米を研ぐような形を作り、手を軽く握りながら腕を回してみます。
それを動かさない様に押さえられることは普段はないですが
ここで押さえられていても、しっかり指先から動いていれば止められないんです。
手首を曲げてしまう事が多いので、そこを注意点のようですね。

確かに指を動かしている間は押さえている人ごと身体が動きます!
そして指を止めたり、手首が折れていると抵抗できないですね…ものの数センチの差でこれは不思議です。

日常的には私達は物を渡す時には指先から動いているんです。
でも腕を持たれた瞬間に、指先ではなく、押さえられていない
空いている体の方を使おうとしてしまうんです。
腰から動いてみたり、肩から動いてみたり。

2013.01.27.01
手首を曲げると力が止まってしまいます。

指先から体が動いた時に、全身を使って動くことが出来るのですね~。
肩からギュっと動いた方が強そうなのに、これが誤解なのかあ…と驚いてしまいます。

手を握る時には第2関節が動いていないことが多いのです。
その時には飴のつかみ取りをするような感じで動かしてみるとスムーズに動きます。
欲望に従ってみて下さいねというアドバイスを受けました(笑)

次に足の指先を見てみました。
足の場合も、何かを探る時、砂に何か書こうとする時に当たる部分が指先となります。

余談ですが雪国の人は雪の上を歩くときは②なのですが、東京の人は①からなのだそうです!雪の上、確かに慣れないと踵から歩こうとしてしまいますね~。

②から足を出すと片足で立っていてもバランスが取れています
①だと上半身が残ってしまいます、
そして③から足を出す体がのめり込んでしまいますね、これはやってみるとちょっと可笑しい感じがします(^^;)


どの部分から足を出すかで力の伝わりが変わります。

横から圧をかけられても、指先から歩き出すと安定して動けますね、
そして一番「足を出すぞ!」という実感がないのです。
体の中で力が切れてしまう時に、力感が感じられるのだそうです。
ここが何とも~、つい手応えを求めてしまうのです(><)


今回は指先が大事と分かった後のお話もありました。
指先に注目ばかりしていると、その事を頭が気にし過ぎてしまうんです。
その次に大事なのは「落ち着いている」ことなんです、と。
落ち着いていることを追うのではなくて、日常であるということ。

指先から動くことがテクニックだとすると、「落ち着いている」ことは状態
両方が大事なのだそうです。

うーん、ますます実感が感じられないです…
でも実感はなくても「これは違うな~」という事は感じられるんです。
是非是非この違いを一度体験して頂きたいです♪

この日は新年会の打ち上げもあり、わいわいと楽しい一日となりました。
本当に2013年もよろしくお願いいたします、
皆様ありがとうございました!
スポンサーサイト
[ 2013/03/10 15:15 ] 稽古会レポート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

トモ

Author:トモ
全く運動をせずに数十年。
いきなり始めた古武術で身体の面白さに目覚めました。
体を動かすことが色々な楽しさに通じる気がして、鈍った体を鍛え中。
その他、毛繕いの会@東京の幹事もしております。
どうぞよろしくお願いいたします!

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。